ミシン刺繍 ほっこりにっこり

ミシン刺繍のハンドメイドの記録です

刺繍のぼかし

横振り刺繍の練習続き

横振り刺繍のグラデーション表現の練習、その続きです。

動画で横振り刺繍の練習 - ミシン刺繍 ほっこりにっこり

 

今回は細めのミシン糸で縫ってみました。3色の紫の糸のグラデーションです。細いミシン糸の方が混ざり合う2色が馴染んでいます。

f:id:hokoniko:20210719205400j:plain

2色目のステッチ

 

f:id:hokoniko:20210721193409j:plain

3色完成

 

f:id:hokoniko:20210721194308j:plain

刺繍のアップ

 

外側の二色はジャノメの横振り機能のバリアブルZZで縫っています。最後の濃い紫は横振りでは難しいので直線縫いで枠を振ってジグザグを縫っています。レベルが全然違いますが下の動画と同じ縫い方です。

 

www.youtube.com

 

今年目標にしたいミシン刺繍の名人 - ミシン刺繍 ほっこりにっこり

の記事でご紹介したM.Embroidery 515さんの動画です。正確無比なステッチはすごいです。

 
一つの花を縫う時、どこか必ず隙間が空いて縫い直したり、ミシンの縫い速度に枠の動きが追い付かずステッチがゴチャゴチャになってしまったり、満足のいく花がまだできていません。でも、一年前のグラデーションよりは少しは進歩しているでしょうか。

 

横振り刺繍とミシン刺繍のぼかし

ふとコンピュータ制御のミシン刺繍でグラデーションはできるのだろうかと思い検索してみました。ミシン刺繍、横振り刺繍ではグラデーションをぼかしとも言うようです。2色を混ぜ合わせてぼかします。

 

絲遊~いとゆう~ 横振り刺繍

ブログ主さんは横振り刺繍のぼかしの技をお手本にパンチデータ(刺繍データ)を作成されています。ブログで紹介されている横振り刺繍の実演動画は枠の回し、縫い速度の速さが超高速の名人技です。

 
工業用?ミシン刺繍ですが横振り刺繍との違い、私には画面ではわかりません。綺麗なぼかしです。名人の横振り刺繍は再現不可能ですが私の素人レベルの横振り刺繍なら刺繍ミシンで再現できそうかな?なんて思ってしまいました。


どうやって作成しているの知りたくなり調べてみたらなんと市販の刺繍ソフトにはぼかし縫いの設定があるのですね。私が使用しているフリーの刺繍ソフトInk/Stitchにはありません。市販の高いソフトは価格だけのことはあります。

 

ぼかし縫いの練習 ~下絵作りからパンチ~ - E-刺繍工房

思い通りに仕上げるには経験が必要のようです。パラメータを設定すれば簡単にできるというわけではないようです。

 
昔は穴の開いたロール紙「パンチカード」で刺繍機に刺繍データを読み込ませていました。その名残で刺繍データを今でもパンチデータと言うそうです。昔のコンピュータと同じで大掛かりな装置だったのでしょうか。小さなノートパソコンで色々とできるありがたい世の中になったものです。

 

 

 

動画で横振り刺繍の練習

横振り刺繍のグラデーション動画 ①

YouTubeの動画を参考にジャノメの横振り刺繍機能バリアブルZZでグラデーションを練習します。まずは参考にする刺横振り繍動画をご紹介します。

 

 

www.youtube.com

 

グラデーションと言うほどではありませんが花びらの二色の糸が混ざり合っています。縫い方がわかりやすい動画です。

 

動画の花びらの縫い手順は

  1. 花びらの一番外側を薄いピンクの糸で縫います。(0:16~)
  2. 1の上に重なるように濃いピンクの糸で粗いジグザグのステッチを縫います。枠を回転させながら縫います。ステッチの長さは花の形に合わせて変化しています。(1:20~)
  3. 2のステッチの隙間を埋めるように濃いピンクの糸で粗いステッチを重ねます。
  4. すると薄いピンクと濃いピンクの糸の重なりがロング&ショートステッチのように見えます。

 

やってみました

余っているオレンジ系の太めのミシン糸で三色のグラデーションにしてみました。手刺繍風を狙っています。

 

f:id:hokoniko:20210713194909j:plain

手順2.の粗く縫っているところです。動画ではもっとランダムに縫っていますがそれは難しい。この後の手順3.は糸が太いのであまり重ならないように手順2より内側にずらしてステッチしました。動画ではステッチの長さを変えたりランダムにずらしたりしています。そこまでは難易度が高くてできません。ステッチの間隔、ステッチを重ねる分量の変化でグラデーションの表情が変わります。

 

f:id:hokoniko:20210713161056j:plain

出来上がりました。ステッチが所々乱れています。難しいです。

 

粗く縫う時、針の落ちる速度に合わせて刺繍枠をコントロールするのが難しいです。狭い箇所は枠の回転が間に合わずステッチが狂ってしまいます。ステッチの長さもコントロールしなくてはなりません。重なるステッチは同じ角度に向いていると綺麗です。

 

枠の移動や回転、ステッチの長さのコントロールに慣れれば綺麗にグラデーションができる方法だと思います。今回は太い糸でざっくり縫いました。細い糸ならもっと繊細な表現ができるでしょう。次はもう少し上手に刺繍してみたいです。

 

横振り刺繍のグラデーション動画 ②

今年目標にしたいミシン刺繍の名人 - ミシン刺繍 ほっこりにっこり

の記事でご紹介したHien Tranさんです。
枠を振ってロング&ショートステッチ風に刺繍しています。広い面積を縫う時、やりやすい方法だと思います。

 

www.youtube.com

 

過去の記事

過去のロング&ショートステッチ関連の記事です。

 

hokoniko.hatenablog.com

粗く縫ってから隙間を埋める①の方法です。隙間があったりステッチが乱雑に見えます。

 

hokoniko.hatenablog.com

hokoniko.hatenablog.com

上の二つは②の方法でしょうか。この頃は①の枠をコントロールして粗く縫うことが難しく、②の枠を振る方法の方がやりやすかったかと思います。糸が重なっていてお恥ずかしい出来です。

 

 

ホオジロカンムリヅルの刺繍

素材探し

こんにちは、ほこにこです。先日、刺繍の題材探しのためフリー画像素材のサイト「Pixabay」を徘徊していました。そして見つけました。いい写真。
日本名「ホオジロカンムリヅル」という鳥だそうです。

 

f:id:hokoniko:20210630152210j:plain
Frank WinklerによるPixabayからの画像


私は冠羽のある鳥になぜか惹かれてしまいます。この冠羽を見た時、おおっこれは金糸で縫いたい!と思いました。それにこの写真、バリアブルZZのフリーモーション刺繍に適していると思います。さて、イメージ通りに縫えるでしょうか。

 

刺繍しました

ステッチか乱れているところもありますが細い羽根にバリアブルZZが大活躍しています。金糸の冠羽、生やし過ぎたでしょうか。写真だとあまり光って見えないのが残念。

f:id:hokoniko:20210630162337j:plain

 

「慣れ」は怖い

ロータリーカッターで左の人差し指をやらかしました。初めの頃は怖いのでとても慎重に使用していたのに最近はその怖さをすっかり忘れていました。刺繍するのがちょっと不便。大したことないのに年をとるとなかなか治りません。

 

ミシンも針による事故をよく聞きます。初めのうちは気を付けて縫っていましたが最近緊張感に欠けています。初心に帰らないと。「慣れ」って本当に怖い。